【安全対策を行った上でいい環境を整えるには 1】

2021.06.09エッセイ・コラム

まずはしっかりした飛沫防止パーテーション、アクリル板を選ぶ

薄くペラペラのアクリル板や透明板は見た目にも貧弱ですし、すぐ倒れて不都合な場合があります。

アクリル板でも脚の安定しないものは倒れたりして面倒です。

安心なのはアクリル板でもフレームがあって強度的にしっかりしたもの、脚が板にしっかり固定できるものです。

国産で信頼できる専門メーカーのものが安心です。

安心感と使いやすさ第一で選ぶのが後々後悔しないポイントです。

 

 

 

 

デザインで選ぶ

次に選ぶポイントとして、デザイン性があります。

アクリル板にフレームがあっても太いとやぼったくてイメージがよくありません。

脚も大きすぎると、設置上邪魔になって困ることになります。

アクリル板をアクリルの脚や木の脚で設置しているものもよく見かけますが、はずれたりしてデスクに置く場合や連接する際、

使い勝手が良くないようです。

アクリル板は透明でキレイに見えますが、透明であるがゆえ、あることに気が付かずにぶつけてしまったり、倒して割れたりと

トラブルもあるようです。

ケガをしてしまう危険もあるので端にテープを張ったり、印刷したりしているものもあります。

それはそれで手間もコストもかかり大変です。

アクリル板もスリムなフレーム付きのものなら強度的にも安全面でも安心、見た目にもシンプルでスマートな印象になり、

オシャレに見えておすすめです。

 

 

飛沫防止パーテーションの設置が完了したら、空間デザインの環境改善を行いましょう。

⇒【安全対策を行った上でいい環境を整えるには 2】はこちら

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ コラム【バックナンバー】 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ベルクホームページのディスプレイブログに過去のコラムを掲載しています。

⇒【ウィズコロナからアフターコロナに向けて 1】はこちら

⇒【ウィズコロナからアフターコロナに向けて 2】はこちら

⇒【これからのオフィススタイル 1】はこちら

⇒【これからのオフィススタイル 2】はこちら

⇒【安全対策を行った上でいい環境を整えるには 1】はこちら

⇒【安全対策を行った上でいい環境を整えるには 2】はこちら

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

株式会社ベルク

東京本社・ショールーム

〒134-0086 東京都江戸川区臨海町3-6-3

TEL:(03)3877-1880 FAX:(03)3877-2380

サインディスプレイ、看板、グリーン、インテリア商品の企画・開発から製造、販売をしております。