初めての方の提案ガイド2

2022.08.04

フェイクグリーンと生の植物を徹底比較!

屋内で壁面緑化を行う場合、当社の商品のようなフェイクグリーンを使った規格品「グリーンモード」、職人さんが製作施工する「オリジナル造作」、本物の植物を使った「生の植物の植栽」といった方法があります。こちらでは、屋内で壁面緑化を選ぶ際のポイントについて素材別に比較してみたいと思います。

メリット・デメリットを比較してベストチョイスを!

例えば「生の植物」は、本物らしさを求め、自然環境を空間に取り入れたいなら最適です。しかし、水の循環システムや照明器具の設置など初期費用とランニングコストがかかってしまいます。現場や好みに合わせて製作するなら「オリジナル造作」がベストですが、打ち合わせの手間と納期がかかります。「グリーンモード」は空間演出しやすいようにインテリアとしてのデザイン性をより重視しています。また、規格品のため価格も手頃で施工も簡単に行えます。

インテリアとして飾るならフェイクグリーンがおすすめ!

本物らしさを求めて自然環境を身近な空間に取り入れたいなら、「生の植物」がおすすめです。本物の植物でしか味わえない育てる楽しみや環境企業としてのイメージアップも行えます。空間に合わせて飾るには、デザインの自由度が高い「グリーンモード」がおすすめです。最近では、フェイクグリーンの質も高まり、本物にも見劣りしないクオリティーになってきています。「グリーンモード」は、商業空間や施設、オフィスの空間の特性や条件に合わせてグリーンスタイルを選ぶだけの手軽さが魅力です。スタンダードなスタイルからデザイン性のあるスタイルまで豊富に揃えています。

フェイクグリーンは、衛生的で水やりなどの専門知識不要、メンテナンス簡単!

生の植物は水やりや剪定、落ち葉処理などの定期的メンテナンスが必要になります。水のやりすぎによる根腐れといったトラブルや落葉して植え替えをするなど何かと手間がかかります。造園業者やレンタル業者などにメンテナンスを委託するケースも多いようです。フェイクグリーンを使う「グリーンモード」は、経年劣化した場合、交換が必要になりますが、定期的にほこりを掃除すればきれいな状態が長持ちします。衛生的で水やりなどの専門知識不要、メンテナンスが簡単に行えます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: greenmode_bana-1.png
空間をデザインする 新しいグリーンスタイル。

癒し、自然、安らぎなどグリーンのもつ良さを生かし、空間を魅力的に演出するグリーンスタイルを作りました。イメージに合わせて選べる演出スタイルが充実しており、居心地がいい、リラックスするおもてなしの空間が作れます。アイディア次第でオリジナリティーある空間演出が可能です。

関連情報【グリーンモード】
グリーンモード
株式会社ベルク

東京本社・ショールーム

〒134-0086 東京都江戸川区臨海町3-6-3

TEL:(03)3877-1880 FAX:(03)3877-2380

サインディスプレイ、看板、グリーン、インテリア商品の企画・開発から製造、販売をしております。