POPパネルの選び方ガイド

POPパネルの選び方ガイド

POPパネルを選ぶ方法は、用途と使う内容によって選びます。

ポスターやメニュー用途で壁付けする場合

一般的にはポスターパネルをおすすめしています。耐久性と使いやすさから、ポスターパネルの方が向いているからです。ただ中には短期使いとか、小サイズだからとか、コストを落としたいからという理由でPOPパネルを使われる方がいらっしゃいます。A4とかA3クラスの小サイズであればPOPパネルでいい場合もあるでしょう。

フレーム開閉式のPOPパネルは壁面にビス止めもできます。壁に付けたままポスターのセット、交換をして使えます。バックボードがはずれるので、セットは慎重に行っていただきます。

フレーム4辺開閉セット

横に取り出し口がある場合はスライドタイプも薄型でおすすめです。マグネットで取り付けるタイプもあるので、取りはずしを頻繁に行うことができます。

開口しているフレーム1辺よりスライドセット
フレーム裏側にマグネット付き

飲食チェーン店の場合、本部でセット交換方法を指導していただければB2サイズでも問題ないかもしれません。木目調のフレームやコーナーアールのものなどは使いやすいでしょう。飲食チェーン店ではたくさんのポスターやメニューを掲示します。細身でスッキリ見えるので、デザイン的に合います。

AP340 WD5 B2
AP350 WD A1

ATMなどの省スペースで、A4サイズクラスの小さいサイズを掲示するのに向いています。パネル自体が軽量で機器に負担を掛けなくて済むからです。

AP360 S A4
AP10 S A3

案内や解説パネルとして使う場合

展示会用途の場合、短期間なのでPOPパネルがいいでしょう。企業やショールームでは解説パネルを設置することがあり、POPパネルがシンプルでよく使われます。長期間設置する場合はポスターパネルをおすすめしていますが、短期的な展示の場合はPOPパネルを使ってみるのもいいでしょう。

AP55 WD A3
AP23 C A1

特にA4までの小サイズをクランプスタンドにセットして使う場合、クリアファイル式のPOPパネルが便利です。プリントを挟んでクランプにセットするだけですから超簡単です。

AP15 A3

表示、予定表などを設置する場合

サイズがA3までの小サイズのことが多いので壁に直付けする場合もありますが、紐掛けしたりマグネット設置したりして取りはずすのが使いやすかったりします。スライド式で中身を取りはずして入れ替えます。フレーム開閉式の場合はシンプルタイプが使いやすいです。

AP13 K B2
AP13 K 300×300(特注サイズ)

いかがでしょうか。POPパネルの選び方を解説しました。専門メーカーに直接問い合わせ、相談に乗ってもらうのもいいでしょう。


株式会社ベルク

東京本社・ショールーム

〒134-0086 東京都江戸川区臨海町3-6-3

TEL:(03)3877-1880 FAX:(03)3877-2380

サインディスプレイ、看板、グリーン、インテリア商品の企画・開発から製造、販売をしております。