【飛沫防止対策商品 選び方ガイド】飛沫防止対策商品のご購入をお考えの方、お困りの方に

2020.07.22アルモード情報

飛沫防止対策商品のご購入をお考えの方、お困りの方必見!

飛沫防止対策商品の選び方ガイドをご案内いたします。

 

〈目次〉

①飛沫防止対策商品を選ぶ手順

②使用場所ごとのおすすめ商品

③仕切りパーテーションを選ぶ上で大切なこと

 

①飛沫防止対策商品を選ぶ手順

1.使う場所に応じてタイプ・スタイルを決めます。

2.設置場所に合わせてサイズを決めます。

3.台数を決めます。

4.価格と納期を確認します。

 

使う場所、設置場所からタイプ、材質、サイズ、台数を決めていきます。

 

②使用場所ごとのおすすめ商品

「いろいろあって迷ってしまう…」

「どれを選んでいいのかわからない…」

そんな方はいろいろある各製品の特徴を把握し、重要視する製品の特徴の優先度を決めます。

その上で選ぶと決めやすいと思います。

 

●対面カウンター

直立で下部に受け渡し口の開口したアクリルタイプのものかビニールタイプが向いています。

 

座って対面するローカウンターの場合、カウンターから高さ600㎜ほどで頭が隠れるので、高さ600㎜~700㎜の

ものが向いています。

金銭や書類、物品の受け渡しがある場合、下部が開口しているものがいいでしょう。

開口部はできるだけ狭い方がいいのですが狭すぎると使いずらく、場合によっては物品が通らないこともあるので、

書類中心の場合は高さ100㎜、幅300㎜以上、

物品の受け渡しがある場合は高さ150㎜~200㎜、幅500㎜以上がいいでしょう。

 

ローカウンターの場合、金融機関やサービスショップ、施設、役所、オフィスなどが考えられますが、ちゃんとしている

イメージが必要となるので、アクリル素材のパーテーションがいいでしょう。

アクリルのみのパーテーションがスッキリしていてきれいにも見えますが、掃除の際、手の油が残りやすかったり、

パーテーションに気づかずうっかりぶつけたり倒したりして、端口が欠けたりすることもあります。

そのような点を踏まえると、フレームをまわしたタイプが使いやすいでしょう。

フレーム付きでも細身のシンプルなものを選ぶと見た目にもスッキリ、スマートです。

 

立って対面するハイカウンターの場合、カウンターの高さが900㎜だとカウンターから高さ900㎜は必要となります。

受け渡しも物品の場合が多くなるので、下部の開口の高さは200㎜、幅500㎜以上あった方が使いやすいでしょう。

店によってスタイルが異なりますが、専門店の場合はイメージを重視してアクリル素材のパーテーションでロータイプ

と同様に細身のフレーム付きが使いやすく安心です。

 

スーパーやホームセンターなどの流通ショップやカウンターの大きなお店、お客様の多いお店は、広めに仕切る必要が

あるため、ビニールシートをセットした卓上パーテーションかフロアパーテーション、もしくはビニールカーテンを

天井から吊るすことをおすすめします。

ビニールシートは現場に合わせてカットしやすく、広い範囲を仕切ることができます。

紐などで吊るすとピンと張れず中垂れするので、バーや棒タイプのものにセットする方がきれいに張ることができます。

  

 

●飲食スペース

直立の全面仕切りのアクリルタイプやグリーン装飾のあるタイプが向いています。カウンターや食堂は、ビニールシート

タイプと併用しましょう。

 

飲食する場所での完全な対策は難しいというのが現実です。

口を開けることから、どうしても飛沫が飛びやすくなります。一定時間同じ場所にいることも難しさの1つです。

間隔をあける、換気をする、密を避けるなどの対策をした上での策として、人と人とが対面になる場合、仕切り

パーテーションを設置することをおすすめします。

座って使うテーブルの場合、高さ600㎜以上がいいでしょう。

配膳がやりにくくなりますが、対面だけでなく側面、両サイドにも仕切りを設置した方がいいでしょう。

アクリルやビニールは熱に弱いので、火の近くに設置する場合はガラスがいいでしょう。

 

 

●ワークスペース・ミーティングスペース・待合室

直立か三面の全面仕切りのアクリルタイプかフロア用のビニールシートタイプが向いています。

 

長時間同じ場所にいる、一定量の人が同じ空間にいる(場合によっては密になりがち)ということで、こちらも対策が

難しいというのが現状です。

締め切った状態にせず換気をする、できれば間隔をあけるという対策をした上での策として、人と人とが対面になる

場合、仕切りパーテーションの設置や側面、両サイドにも仕切りを設置した方がいいでしょう。

サイズは高さ600㎜、幅は机にもよりますが最低でも600㎜、可能なら900㎜が目安です。

三面仕切ることができるタイプだと設置しやすく、使いやすいと思います。

 

フロアごとに区分けをして場を仕切るという方法も密の人数を減らす上でおすすめです。

フロアパーテーションを並べて設置すると区分けがしやすく便利です。高さ1,900㎜以上あるものがいいでしょう。

その場合は、囲み過ぎに注意してください。換気できるように導線を確保することが大切です。

待合室などの仕切りにもフロアパーテーションが便利です。

 

 

③仕切りパーテーションを選ぶ上で大切なこと

以下の3つの項目がポイントになってきます。

 

●使用期間について

中期(数年)使用で考える

 

「コロナがいつまで続くかわからないので、どの程度のものを選んだらいいか迷う…」

こういうご相談を多くいただきます。

専門家でも断言しにくいことですから、わからない状況で決めなければいけません。

現在何の対策も行っていない場合、早急にパーテーションやビニールカーテンを設置しましょう。

現在短期使用でとりあえず対策している場合、そのままでも構いませんが可能であれば中期(数年)使用

することを視野に入れて考えるといいのではないでしょうか。

 

お店の改装は、一般的に5年ごとに行われるといわれています。

小さかったり、みすぼらしかったり、使いにくいものは、日々の営業に差し支えます。数年使うつもりで

あれば、場に応じて選ぶことができるでしょう。

たとえ半年でコロナが収束したとしても、インフルエンザや風邪などウイルスは他にもありますので、

そのまま設置して定番の形にしてはいかがでしょうか。

今の時点で長期(10年以上)使用できるものをオリジナルで制作することは余裕があればいいでしょうが、

難しい決断だと思います。今後、世の中がそういう状況になった時に検討してみてはいかがでしょうか。

 

●材質について

高さ900㎜までならアクリル、それ以上の場合はビニールシートが一般的

 

仕切り面部分の材質は、それぞれに特徴があるので、希望する特性に合わせて選ばれるといいでしょう。

・アクリル板

透明度が高く、耐久性に優れている。耐衝撃強度はガラスより強い。厚みが薄くなると安価。

・ポリカーボネート

透明度はアクリルより少し劣るが、耐衝撃強度はアクリルより強く割れにくい。コスト的に高価。

・ビニールシート

透明度はシートの特性上(柔らかいので波打つ)劣るが、柔らかいのではさみやカッターで切ることができる。

弾力性があるので割れるというより伸びる。コスト的に安価。

・ガラス

透明度が高く、表面硬度が高い。耐衝撃強度は低いので割れやすい。重量が重い。コスト的に安価。

 

透明度、衝撃強度、価格などトータル面で考えるとアクリルが優れているが、透明度が高いゆえに板があることに

気づかずぶつけたり、倒したりすることも考えられる。そのためアクリルの端にテープを貼ったり色を付けたり、

フレームを付けたりして使用する場合もある。

 

アクリルのみの場合、自立させるためには強度の関係上、3㎜~5㎜以上のものを使用する必要があるが価格的に

高価になる。また、端口をきれいに処理するための加工も必要で、さらに高価になり時間もかかる。

フレーム付きの場合、フレーム強度があるため1.5㎜や2㎜のアクリルを使えるので、安価で軽く、端口の処理も

いらないので納期も早くなる。細身のフレームならデザインを損なわず、持って掃除できるので良い。

 

フレームや脚の材質は、強度や加工性等から金属が優れている。

スチール、ステンレス、アルミが一般的だが、ステンレスは少し高価になる。

フレームは、軽さや細さ、強さからアルミが優れている。

脚はアルミかスチールが優れており、形状やサイズでどちらを使うか決める。

 

広い面積を仕切るなら、コスト的にも安価で軽くて柔らかいビニールシートが扱いやすい。

意匠的には多少劣るが、スタイルのいいスタンドやバーにセットして使えばオシャレになって使いやすい。

 

●製造メーカーについて

国内生産の専門メーカーが安心

 

「ネットには多くの飛沫防止対策商品が掲載されていて、どこの商品を選んだらいいか迷っている…」

こういう声を聞きます。

販売店や加工業者、メーカーのサイトまで様々なものがありますが、製造元はどこかを確認するといいでしょう。

実際に製造しているところが信頼のおける会社か、ノウハウがあるか、また国産か外国産かを見ることで納期や

対応面の推測ができ、選ぶポイントとなるでしょう。

また材料の加工中心か商品(製品)加工かも最終商品としてのノウハウや対応幅の違いになる場合があるので

チェックしてみましょう。

信頼のおける専門メーカーの場合、直接ユーザー様に販売を行っていない場合もありますが、問い合わせをしてみると

購入方法を教えてもらえたりするのでメーカーに直接問い合わせをするのも1つの方法です。

 

以上から、

国内生産の専門メーカーが製造している、細身のアルミフレーム付きアクリルが最も使いやすく、安全・安心でしょう。

広いカウンターやフロアに置いて仕切る場合は、ビニールシートをバー付きのスタンドにセットして使用するといいでしょう。

 

ここまで飛沫防止対策商品の選び方を解説してきましたが、参考になりましたでしょうか。

購入されることを決められましたら、その商品以外の用途やジャンルの商品も見てみてください。

他にも役に立つアイテムがあるかもしれません。

 

──────────────────────────────────────────────────────────────────────────

 

コロナ対策商品を掲載している特集ページはこちら

 

──────────────────────────────────────────────────────────────────────────

他にも様々な商品があります。

特注にてサイズ変更などの対応ができる商品もございますので、お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの場合はお電話又は、FAXにてお問い合わせください。

ご不明な点やご質問などございましたら、下記の連絡先までご遠慮なくお問い合わせください。

──────────────────────────────────────────────────────────────────────────

=============================================================================================

株式会社ベルク

URL: https://belk.jp/

東京本社

所在地  : 134-0086 東京都江戸川区臨海町3-6-3

電話番号: 03-3877-1880 (9:00~17:30 定休土、日、祝日、年末年始、お盆)

FAX番号 : 03-3877-2380 (365日24時間受付)

Eメール : info-sd@belk.jp (365日24時間受付)

=============================================================================================

株式会社ベルク

東京本社・ショールーム

〒134-0086 東京都江戸川区臨海町3-6-3

TEL:(03)3877-1880 FAX:(03)3877-2380

サインディスプレイ、看板、グリーン、インテリア商品の企画・開発から製造、販売をしております。