【視点2】富山県高岡市の地で頑張ります!

2019.05.07アイデアの種

4月で初心者マークがとれたものです。

まだまだ初心者マークを付けていたいと思う今日この頃です。

 

 

さて、昨日まではゴールデンすぎるGWでしたね。

そんなGWもあっという間に過ぎていきました。

今回のGWの最大のポイントは、やはり年号が変わったことではないでしょうか?

平成から令和へ…

令和はどんな時代になるのでしょうか?

 

 

新年号の“令和”。

ニュースで見ましたが、万葉集に記載してある言葉で

今、万葉集が注目されています。

わが国最古の歌集である「万葉集」。

万葉集の代表的歌人である大伴家持は、全20巻4.516首のうち

473首と作者が判明している中で1番多くの歌を残しています。

そのうち現在の高岡市を含む越中の地で読まれたものは、223首にのぼります。

高岡の地は、実は万葉集と深い関わりがあったのです。

 

 

そんな万葉集にゆかりのある高岡は、ものづくりのまちとしても有名です。

1609年、前田利長公が高岡城に入り、“高岡”のまちを開き、町の繁栄を図るため、

現在の高岡市戸出から高岡市金屋町に7人の鋳造師を呼び寄せたことから始まりました。

金屋町の鋳造は室町時代からの歴史があり、今では日本における

銅器の生産額の約95%を高岡銅器が占めています。

 

 

400年もの長い歴史がある、全国的にも有名なここ“高岡”のものづくり。

歴史のあるものづくりの精神を受け継いで、

「いいね‼」と思ってもらえるものをこれからも作り続けようと思います。

(S.O)

東京本社・ショールーム 〒134-0086 東京都江戸川区臨海町3-6-3 TEL:(03)3877-1880 FAX:(03)3877-2380

サインディスプレイ、看板、グリーン、インテリア商品の企画・開発から製造、販売をしております。

株式会社ベルク